カテゴリー別アーカイブ: 未分類

包茎治療を行わないことによるデメリット・・・

包茎治療を行わないことによるデメリットを紹介します。実際に深刻な悩みを抱えている人も多いと思いますが、何より、手術を行うことにより、自信を持つことが出来ると思います。
包茎のデメリット
・不衛生です。包茎の場合には、一番汚れやかすがたまりやすいカリ首の下の部分が皮でカバーされているのです。そのために、不衛生になりやすく、病気にもなりやすくなっているのです。また、空気に触れる機会が少ないので、剥けている人と比べるとジメジメしていて雑菌が繁殖しやすい環境と言われています。汚れですが、皮脂など体の垢はもちろんですが、尿や精子の残りがカリの部分に溜まってしまうのです。
・臭い事です。汚れが溜まりやすいということは、当然ですが、臭いがこもりやすい状況ということになります。きちんとリンクしている部分なので、お風呂なのでキレイに洗うことがケアとなります。若くてスポーツをやっている人は、新陳代謝も激しいし、汗もかくし、丸一日経つだけで臭いも相当溜まると言われているのです。
・おしっこがまっすぐ飛ばないということも挙げられます。皮が先まで全部被っている包茎の人限定ですが、先まで被っていると、尿道から出てくるおしっこが、皮で進路が邪魔されてしまいます。まっすぐに飛ばず、横とか狙った方向以外に行ってしまうこともあります。最悪便器の外にいってしまいトイレを汚してしまうk十もあります。
・早尿もあり、基本的には仮性包茎だけが対象となっていますが、早漏れになることがありますので、手術を行った方が良いと言われています。
・短小です。皮が被っている先細りになると言われているのですが、小さいころからだと、それを実感する事ができない人もいますが、実際に治すことが可能なので、少しでも悩みや不安があれば専門科に受診するようにしましょう。
・自信が持てないこともデメリットです。何げに大きなデメリットとして言えるのですが、気持ちの問題ですが、包茎ということによりコンプレックスを感じる人は多いと思います。
・女の子に嫌われるということもあります。実際に病院などの宣伝文句で様々な事が書かれていますが、女の子は包茎について理解している人は少ないのですが、最近では、便利となりネットなどで手軽に調べることが出来るようになっているので、マイナスイメージになってしまうこともあり、無視する事はできません。
実際に、包茎の人は、様々な問題を抱えていると言われていますが、ある程度の年齢となると悩みを抱える事があると思いますが、悩みを解消するためには、自分なりにできることを行うことが大切になってきます。

包茎治療で変わる人生!

包茎治療を行うことにより、人生が変わったという人が多くいます。その中で今回は、治療法を紹介するので参考にしてみてくださいね!
包茎手術の代表的な方法としては、クリニックにより違ってきますが、手術の方法は様々となっていて、一人一人の包茎の状態に合わせて医師が手術を行ってくれるようになっていますので、確実で安全に包茎を治療する事ができます。
また、包茎矯正器具などを使って治療する方法もあります。下着に装着するタイプのものや接着剤などを使ったり、リング状になっていてペニス自体に装着するものなどがあります。
実際に包茎手術を受ける前などには、不安や疑問があると思いますが、Q質問に対してA解答で多い悩みを紹介します。
・Q19歳ですが、包茎で悩んでいます。仮性包茎だと思いますが、治療を行った方が良いのでしょうか。自然に剥けるまで待っておく方が良いのでしょうか?
A、同じような悩みを持っている人は多く、包茎の大半を占める仮性包茎は、病気というより皮の余剰が多い状態となっているので、必ず治療が要しないものです。仮性包茎は、亀頭部に包皮がかぶさっているので垢が溜まりやすい状態で、不快に感じるにおいが発生することもありますが、清潔面に問題が生じることもありますが、そのような場合、コンプレックスに感じている人は治療を行うのが良いと思います。
・Q28歳ですが、もっとはやい時期に治療を受けたかったのですが、手術は生まれて初めてで手術中などの痛みを感じると心配で治療に踏み切ることが出来ません。
A、ナイーブな部分なので、痛みを感じる事ができないと考えることも理解する事ができますが、施術中の痛みを最小限にするために、麻酔科認定専門医の指導のもとで様々な工夫をして行っていくことができます。局所麻酔の際の痛みや治療中の痛み、治療後の痛みなどありますが、それぞれの痛みに合った麻酔法を行って施術を行っていくことが出来ます。
・Q日常で忙しい日々を過ごしているのですが、手術の時間がどれほどかかるのか気になっています。
A、手術後すぐに帰宅する事ができて入院の必要もなく、縫合の意図は溶ける糸を使用しているので、抜糸のための通院なども必要なく手術を受ける事ができます。
実際に、包茎手術と言っても、個人の状態などで違ってきますので、踏み出せないという人も多いと思いますが、悩みを抱えている場合には、専門家に相談するようにしましょう。
踏み出さないと悩みを解決する事が不可能ですが、専門家を受診することにより、自分に合った治療法を見つけることが出来ると思います。