包茎治療を行わないことによるデメリット・・・

包茎治療を行わないことによるデメリットを紹介します。実際に深刻な悩みを抱えている人も多いと思いますが、何より、手術を行うことにより、自信を持つことが出来ると思います。
包茎のデメリット
・不衛生です。包茎の場合には、一番汚れやかすがたまりやすいカリ首の下の部分が皮でカバーされているのです。そのために、不衛生になりやすく、病気にもなりやすくなっているのです。また、空気に触れる機会が少ないので、剥けている人と比べるとジメジメしていて雑菌が繁殖しやすい環境と言われています。汚れですが、皮脂など体の垢はもちろんですが、尿や精子の残りがカリの部分に溜まってしまうのです。
・臭い事です。汚れが溜まりやすいということは、当然ですが、臭いがこもりやすい状況ということになります。きちんとリンクしている部分なので、お風呂なのでキレイに洗うことがケアとなります。若くてスポーツをやっている人は、新陳代謝も激しいし、汗もかくし、丸一日経つだけで臭いも相当溜まると言われているのです。
・おしっこがまっすぐ飛ばないということも挙げられます。皮が先まで全部被っている包茎の人限定ですが、先まで被っていると、尿道から出てくるおしっこが、皮で進路が邪魔されてしまいます。まっすぐに飛ばず、横とか狙った方向以外に行ってしまうこともあります。最悪便器の外にいってしまいトイレを汚してしまうk十もあります。
・早尿もあり、基本的には仮性包茎だけが対象となっていますが、早漏れになることがありますので、手術を行った方が良いと言われています。
・短小です。皮が被っている先細りになると言われているのですが、小さいころからだと、それを実感する事ができない人もいますが、実際に治すことが可能なので、少しでも悩みや不安があれば専門科に受診するようにしましょう。
・自信が持てないこともデメリットです。何げに大きなデメリットとして言えるのですが、気持ちの問題ですが、包茎ということによりコンプレックスを感じる人は多いと思います。
・女の子に嫌われるということもあります。実際に病院などの宣伝文句で様々な事が書かれていますが、女の子は包茎について理解している人は少ないのですが、最近では、便利となりネットなどで手軽に調べることが出来るようになっているので、マイナスイメージになってしまうこともあり、無視する事はできません。
実際に、包茎の人は、様々な問題を抱えていると言われていますが、ある程度の年齢となると悩みを抱える事があると思いますが、悩みを解消するためには、自分なりにできることを行うことが大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です