泌尿器科とクリニックで行う包茎手術の違い

包茎手術はクリニックでのみ受けられると思っていましたが、実は泌尿器科や皮膚科などでも受けることができるようで主に泌尿器科が専門になるようですが、ここで手術を受かられた場合はなんと保険適用で3割負担で自己負担金は1万前後なのです!

一万円包茎手術が受けられるなら悩んでないで早く受ければよかったと思う人が多いかもしれませんね!だってかなり高額なイメージがあり、まずはお金を貯めないと無理だと思うからです。

確かにクリニックで受ける場合は10万円以上かかるので気軽に!とはいきません。だったらみんな泌尿器科で受ければ良いと言うことになりますが、この保険適用手術が認められるのは生活に支障が出ることが診察で判断された人のみで、仮性包茎の人は全額自己負担です。

実は包茎手術を受ける人のほとんどが仮性包茎なので、泌尿器科で受けようがクリニックで受けようが金額的にはあまり差はないようです・・となると仕上がりや先生の腕の違いになりますが、どう考えても泌尿器科の先生よりも専門クリニックの慣れた医師の方がきれいに仕上げてくれ、その後のアフターケアや傷みの対処方法なども安心できるはずです。

包茎手術を受けられるクリニックは美容整形外科と言うことになりますが、そこは病気を治すことを目的にしている人よりはいかにきれいに見せることが出来るかを追求する人が集まるところです。そこで磨かれ患者の声に耳を傾けてきた医師の手術は当然見た目が良く傷が目立たないことを重要だと考えているはずです!

せっかく手術を受けてもいかにも包茎手術を受けました!という仕上がりだと困りますよね?人前で裸になることもできず、その傷を治すことも形を変えることもできないので一生悩むことになりかねません!

ですから、完全な包茎ではない限り泌尿器科で手術を受けるメリットはないはずです。最近はかなり低料金で手術が受けられるクリニックがたくさんあるので、1人で悩まずにカウセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?きっと、自分が考えていたよりも簡単に悩みが解決することが分かるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です